子供を産んでも働きたい人ほど早く産むべき

スポンサーリンク

早く産むことのススメ。

 

晩婚化が進んでいると言われて久しいですが、

それに伴って一人目の出産年齢の平均も30歳を超えています。

少子化への影響は間違いなくあると思いますし、子供を産んでも働きたいと思っている人ほど早く出産すべきだと感じています。

私自身は28歳で一人目を出産していますが、個人的には決して早いとは思っていません。

産休に入る際には上司に若いのにもったいないと言われましたし、以前働いていた会社では20代で結婚なんて早いと言われたこともありました。

社会全体がこんな空気なのかと思うと非常に心配になっています。

 

早く産むべき、と思う理由はいくつかありますが、一つは妊娠のしやすさです。

35歳を超えると急激に妊娠しにくくなる、という事実があります。

30歳で結婚するとして、一人目は問題なかったとしても二人目を考える頃には35歳はあっという間です。

それに35歳までだったらすぐに妊娠できるかというとそうでもありません。

実際私の周りでも結婚後なかなか子供に恵まれない人は結構います。(年齢は30歳前後)

仮に不妊治療を受けるとしても早い方がいいことは間違いないですしね。

 

さて、この不妊治療ですが、程度によってはかなり大変なようです。

金額はもちろんですが時間もかなり消費することになるのです。

タイミング法など初期の治療であればそこまででもないのですが、治療が進めば月に何度も通院しなくてはいけないなんてことも当たり前。

働きたいなら早く産め、という根拠はここにあります。

月に何度も通院し、明日来てください、ということも頻繁にある。

となると仕事をしながら不妊治療ができるでしょうか?

理解のある職場なら可能かもしれませんが、やはり気持ちよくできるものではないですね。

実際、私が見てきた派遣スタッフの中には、治療のため責任の軽い派遣を希望したもののやはり続けられず辞める、という人も多いです。

ある程度の年齢になれば仕事の責任も増えてきますよね。

そうなると突発的にお休みを取ることが難しい場面も多くあります。

ある程度仕事をやってから子供を、と考えている人には再度よく検討してほしいと思います。

 

そういったことも考えた上で、いざとなったら辞めるから今は仕事をやりきりたいという人もいるかもしれません。

が、これも個人的にはおすすめしないです。

というのも、私がそうなのですが、子供と一日中ずっと一緒というのはなかなか窮屈です。

かわいいときばかりではないですし、自分の時間なんてほとんど持てなくなります。

イライラして子供にぶつけそうになることも。

自分の時間が作れるだけでも仕事をしていて良かったと思っています。

もちろん、子供と一緒の時間を楽しめる人もいるのでしょうが、

それまで仕事を大事にしてきた人であればなおさらこういうタイプが多いのではないかと思うのです。

一度仕事を辞めてしまうと再就職が難しいのはもちろん、保育園に預けることもなかなか難しくなります。

 

妊娠のチャンスは1ヶ月に1回。しかも実際に妊娠可能な日数は1日のみです。

1年間で見ても12回しかないのです。

実際に子作りを始めてみるとこの数字のプレッシャーはなかなかきついです。

そろそろ排卵日、という時に旦那さんが忙しくてそういうきっかけが掴めなかったら?飲み会で帰宅が遅くなったら?

結構モヤモヤすると思います。せっかくのチャンスを無駄にすることになるわけですから。

シビアに考えているのは女性だけだったりしますから、ここで夫婦仲がこじれる人も多いそうです。

そういうこともあるので、やはり個人的には早めに結婚して子供は自然に任せる、というようにゆったりと構えられる方がいいように思っています。

 

早く出産することで仕事に影響があるかどうかは正直なところ個人差があると思います。

しかし、少なくとも私は今あまり問題なく仕事が続けられていますし後悔もありません。

これから出産を考えるみなさんにもじっくり考えていただきたいです。