【画像あり】ふたえ化粧品比較!ファイバーVS折込VSテープ

美容
スポンサーリンク

一重・奥二重のみなさん、きれいな二重に憧れますよね!

今や女性だけでなく男性もアイプチを使う時代。

一重でもきれいな人はもちろんいますが、やはりぱっちりとした目は憧れです。

私は目が安定しないタイプでして、朝起きると一重だったりうっすら二重だったり。

左目はだいたい二重(といっても奥二重よりだけど)なんですが、右目はほぼほぼアイプチという生活がもう何年も続いています。

いろいろなふたえ化粧品が出ていますが、代表的なのは、昔ながらの接着タイプ、テープタイプ、ファイバータイプ、非接着(折込)タイプでしょうか。

今回はファイバー、折込、テープの3種類について、実際に使ってみた感想

と仕上がり具合を紹介してみます!

 

※ちなみに、アイプチしないとこんな感じ

うっすらラインは入ってるんだけどイマイチ定着しないまま何年もたってしまいました。(たまーにこのラインがくっきりして二重の日もある)

ファイバータイプ(AB メジカルファイバー使用)

まずはファイバータイプからです。

使ったのはオートマティックビューティーのメジカルファイバー2。

60本入り1296円です。

ファイバーというとメザイクが先駆けでしたが、いろんな種類が増えましたね。

こちらは通常のファイバーと少し違って、伸縮性がありません。

伸びないから切れにくい、というのが売りのようですが、正直伸びるほうが使いやすいですね。(メザイクも使ったことあるんですが、断然メザイクのがいい)

私の目はかなり小粒なのですが(泣)、それでも長さが不十分に感じました。

まぶたに食い込ませるのが非常に難しい。

なんとか貼り付けてみるとこんな仕上がりになりました。

うーん、心もとない。下手なのもあるけど、目尻にファイバー出ちゃってるし。

無理に食い込ませたせいで目頭にも跡が残っちゃってます。

伏目にするとこんな感じ。

やはりちゃんと食い込ませられなかったので、ラインががたがたです。

目を閉じたら目立つこと間違いなし!

メザイクでもそうなんですが、このタイプはメイク前にやる必要があるので、アイシャドーとかのせるとはがれやすくなるんですよね。

ペンシルタイプのアイラインをぐりぐりやってたら一瞬で取れそう。

少なくとも、このメジカルファイバーはおすすめしませんね。伸縮性のあるものだったらたまにはいいかもだけど。

折込タイプ

次は折込タイプです。

このタイプは最近主流ですね。

まぶたを貼り付けないので、以前からあった接触タイプよりも肌に優しいです。

使ったのはこちらの折式!

今かなり売れてるタイプです。

接触式のアイプチにありがちなニオイもほとんど気になりません。

二重にしたいラインまできっちりと塗ります。

仕上がりはこんな感じ!私はちょっと皮膚が伸び気味なので目に被っちゃってますが><

ラインを少し太めに引けばこんな感じに。

伏目にしてもこんな感じです。

画像が荒くてわかりにくいけど、ほとんど目立たないですね。

これはなかなかおすすめです!(メインで使ってるのもコレです)

メイク後でもいいし、あとからメイクを重ねることもできて便利です。

塗る量が少なかったりムラがあったりするとキレイにならないので、作りたいラインの際までしっかり塗るのがポイントです。

最後はテープタイプ

結構ファンが多いらしいアイテープ。

私の目には合わないのでさっくり紹介しますね。

使ったのはコチラです。

D-UPのワンダーアイリッドテープ。片面タイプです。

目立たなくていい、という口コミが結構あるんですが、私がやるとこの通り。

もう明らかに何かがまぶたに乗っている、という感じ。

テープ使ってる人ははたから見てても分かりますもんね。。。

テープの上からだとメイクものりにくいし、かといってメイク後にやるのも変なので、個人的にはおすすめしないですね。

折込タイプが一番おすすめ

ということで、私の目には折込タイプが最高でした。

とはいえ、いくらまぶたをくっつけないといってもやはり負担にはなるので、しっかりとケアはしていきましょう!

ふたえ化粧品のダメージに合わせた美容液も販売されています。

↓こちらは安いしおすすめ!使うとラインがはっきりしやすい気がします。

もちろん人によって合う合わないがあるとは思いますが、参考になればうれしいです。