派遣でも育児休暇は取れる?

スポンサーリンク

派遣だと福利厚生が心配、という方いませんか?

今は派遣でも条件を満たせば社会保険に加入できますし、産休育休だってしっかり取れるんですよ。

 

まず、産休を取るための要件を見てみましょう。

産休というのは、出産前後の母性保護として労働基準法に定められている強制的な休業期間です。

産後の8週間については女性の意思に関わらず就業ができません。

※ただし、医師の許可があれば6週間に短縮が可能

産前は6週間、女性が申請した場合には企業は拒否できません。

つまり、産休については仕事をしている女性が出産をする場合には無条件で取得できると言えます。

 

それでは育休の場合はどうでしょうか?

育休=育児休暇とは、1歳に満たない子供を養育する男女が会社に申請することで取得できるものです。

基本的には子供が1歳になるまでの希望する期間、

また、保育所に入れないなどの事情がある場合は1歳6ヶ月になるまで取得できます。

これはあくまで労働基準法で定められた最低期間ですので、企業によってはもっと長く取得できるところもあります。

 

ただし、育児休暇には取得にあたっていくつか条件があります。

厚生労働省によれば、

①同一の事業主に引き続き1年以上雇用されている

②子供の1歳の誕生日以降も引き続き雇用されることが見込まれる

③子供の2歳の誕生日の前々日までに、労働契約の期間が満了しており、かつ、契約が更新されないことが明らかでない

場合となっています。

 

そして、以下の場合は企業に特別な労使協定がない限りは育児休業を取得できないともされています。

①雇用された期間が1年未満

②1年以内に雇用関係が終了する

③週の所定労働日数が2日以下

 

さて、派遣で働く場合はどう行った考え方になるのでしょうか?

これは派遣会社によっても変わるかもしれないので、あくまでも私が見てきた中での答えですが、

基本的には【1年以上同じ派遣会社から就業している=雇用保険が切れていない】

状態であれば取得可能だと言えます。

それも、育児休業が始まるまでに1年の契約があればいいので、

産休に入る時点では10ヶ月とかでもOKということです。(産休で8週間はプラスされるので)

期間限定の仕事をしている際など、労働契約の更新が不安な場合はそれぞれの派遣会社へ問い合わせしてみてください。

 

上記の通り、派遣であっても産休・育休は取れるのですが、1つ覚えておいて欲しいことがあります。

派遣で産休・育休を取る場合、休業明けに同じ派遣先での就業が約束されているわけではありません。

ほとんどの場合、産休に入った時点で、それまで働いていた派遣先との契約は終了します。

つまり、1年後に育休から戻ろうとした場合、改めて派遣先を探すことが必要になってきます。

 

もちろん派遣会社としても優先的に就業先を探したいのですが、

まだ保育園に慣れていない状態の小さな子供がいる女性を受け入れてくれる企業はなかなかないのが現状です。

特にお迎えの時間などで就業時間に制限がある場合は難しいと思った方が良いかもしれません。

現に、毎年3月頃になると保育園が決まったものの5月までに仕事が決まらないと退園になってしまう、

というスタッフさんからの連絡が何件か入ります。

そして、そのうち何人かは仕事が紹介できずに退園になってしまい結局仕事も探せなくなってしまうようです。

 

こう見るといくら産休・育休が取れると行っても正社員のように安心して育児ができる、とは言えないですね。

少子化問題もある中でどうにかすべきとは思いますが、企業側の意識も変わっていかないと難しい問題なのでしょうね。