未経験から事務になるには?

スポンサーリンク

「販売から事務に変わりたい」「営業を辞めて楽な事務をやりたい」「接客に疲れた」などなど事務に憧れる人は多いですよね。

やりたい人は多いのに求人は少ない、倍率がかなり高い仕事です。

 

事務といっても一般事務・営業事務・人事・総務・経理・企画など色々とあるのですが、

多くの人が最初にイメージするのは一般事務でしょうか。

いわゆる「一般職」と呼ばれる仕事ですが、今は多くが派遣や契約社員に取って代わられたため正社員で募集があることは稀です。

なので、まず未経験から事務になろうと思った場合は正社員にこだわらないことが大事です。

 

では、派遣や契約社員ならすぐに採用されるのか、

と言うと実際はなかなか難しいのが実情です。

事務経験者対象の仕事がほとんどな上に、たとえ未経験歓迎であっても未経験”のみ”歓迎ではない。

要は経験者もどんどん応募してくるので勝てない、と言うわけです。

それじゃあ無理じゃん、て話なのですが、仕事の選び方を変えればチャンスがあるので是非参考にしてください。

 

①ライバルの少なそうな仕事を選ぶ

時給や月給が他より安い、通勤が不便、小さい会社、時間帯が特殊、土日休みでない、などの仕事は応募者が少ないです。

そんな仕事嫌だよ、と思ってもここは我慢すべき。

とにかく1年でもいいので経験をつけて他に行けばいいのです。

私も事務デビューの職場は不人気なところだったと今更ながら思います。

時給1500円、勤務時間12時~21時、最大の懸念点は水商売の事務所だった、という点でしょうか。

私は水商売経験があったので、そこまで抵抗がなかったのですが・・・。

多分それもあって派遣会社は私に紹介してきたのでしょう。

 

②ネットで探さない

これも要はライバルが少ないってことなんですが、

例えば、求人の張り紙から応募するとか地域の冊子の求人欄をチェックするとかですね。

チェーンではない不動産屋とか、町工場なんかだと張り紙があることも多いです。

不動産会社なんかは土日休みじゃなかったりするので、とりあえず経験をつけたい人にはオススメ。

業界が気に入れば資格をとってスキルアップもできます。

 

③期間限定の仕事を狙う

これは主に派遣になりますが、産休代替や半年くらいの限定の仕事が結構あります。

長期的に働きたい人が多いので、期間が決められている仕事もあまり人気がないです。

もちろん経験が求められるものも多いのですが、

比較的未経験でも相談の余地があるのでぜひ積極的に狙っていただきたいです。

期間が決まっているので、逆に転職活動がしやすいというメリットもありますよ。

退職理由を聞かれても「元々この期間だったので」でOK。

ただしあまりにも短期ばかりで職歴が増えるのはマイナスなので、2回くらいまでにしましょう。

 

さて、派遣会社で働いていると、無茶言うなーと言うスタッフさん結構います。

販売経験しかないのに、事務で土日休みで時給がいくら以上ないと嫌とか正社員じゃないと嫌とか。

若ければオッケーなんて職場もあるので、絶対に無理とは言わないですが、

やっぱりある程度妥協は必要かなと思います。

派遣だと1つの就業先には最長でも3年くらいなので、

そこから転職活動をしても遅くないはず。(年齢にもよりますけどね)

個人的には、30歳くらいまでは一つの会社に絞らなくてもいいんじゃないかと思います。

せっかくなので視野を広くして選択肢を広げてみてくださいね。