就活の服装は?

スポンサーリンク

本格的な就活シーズンが始まりますね。

準備は整っていますか?

就活においてまず必要なものがスーツですね。

今回は就活における服装のお話です。

 

まずはスタンダードなスーツを

この春就活の皆さんはすでに用意されているかもしれませんが、就活といえばリクルートスーツですね。

リクルートスーツといえば黒もしくは紺が定番です。

他の色やストライプなどの模様が入ったものもありますが、一着はシンプルなものを選びましょう。

男女ともにボタンは2つが使いやすいです。

女性はスカートでもパンツでもOKですが、堅めの業界を希望するならスカートがいいかもしれません。

逆に、IT系や営業職のような動きのある職種を希望する場合はパンツスーツだとスッキリ見えます。

 

シャツの色は?

スーツは一着でも何とかなりますが、シャツは何枚か用意したいですね。

定番の白はいくつか用意しましょう。特にアイロンが面倒、という人は何枚かあると楽ですよ。

カラーシャツもNGではありません。

薄いブルーやピンクも業界によってはありです。

男性はネクタイで色を入れられるので白いシャツでも個性を出せますが、女性はカラーシャツの方が印象が柔らかくなります。

特に緩めの業界を受ける際には、自分に合った色を身につけるとよいと思います。

 

私服指定だったらどうする?

会社によっては私服可だったり、私服で来るように、という指定がある場合があります。

言葉通りにとってはいけない、という意見もありますが、まずは背景を考えてみるべきです。

例えばアパレル関係の会社であれば、当然センスを問われますね。

そこで私服可だった場合はとびきりのおしゃれをする必要があります。

センスを見たいのにスーツだったら、まあ不合格ですよね。

 

私の時も私服指定だったところがありました。

某テーマパーク関連のホテルを受けた時です。

ホテル内での会社説明会兼一次選考でしたが、他のお客様もいるので、ということで私服指定でした。

当時の専門学校の先生は、そうはいってもオフィスカジュアルで、と言っていましたが、私は7分丈のデニムで行きました笑

だってテーマパークにオフィスカジュアルで行く人いる?て思ったので…

それでも最終面接まで残りましたよ。

さすがに私服で行ったのは最初だけでしたが。

TPOに合わせることが必要なんでしょうね。

なので、ごくごく普通の会社で私服可、だった場合はよく考える必要がありますね。

スーツで問題なさそうであればスーツでいいと思います。

まあ、個人的には私服可と言っておきながら裏をかくような企業は願い下げですけど。

 

まとめ

就活と一言で言っても、志望する業界によって準備は異なります。

服装も同じ。

最近は特に、みんなと同じであること、が必ずしもいいとは限らなくなっています。

若手が活躍できる企業ほど、個性のある学生を取りたがっているので服装も武器にできるといいですね。

とはいえ、あくまでも就活。

節度は保って頑張りましょう。